【最新】青梅市/河辺/小作/青梅線の新築一戸建て・中古マンション・土地・売地・不動産売却|大京ホーム

青梅市の新築一戸建て・中古マンション・中古一戸建て・売地・賃貸物件を中心に、羽村市、瑞穂町、あきる野市における不動産最新情報を満載に取り扱っております。

青梅線、西多摩エリアの新築一戸建て仲介手数料無料・中古一戸建て・中古マンション・賃貸情報が満載!

  • 0120-241-632
  • 10:00~18:30/定休日:水曜日・木曜日

会員の方

閉じる

意外と知らない?青梅の名前の由来、市章

東京の北西部に位置する青梅市。首都圏にありながら豊かな自然が残っており、御岳渓谷(みたけけいこく)など人気の観光スポットが多く点在しています。 今回は、青梅の歴史や地名の由来などについてご紹介します。

時代の変化とともに変遷してきた青梅

旧石器時代や縄文時代の遺跡が多く発見されている河川流域では、早くから狩猟生活中心の集落が発達していきましたが、弥生時代には霞川流域で水田が開かれ、次第に稲作など農耕型の生活へと移行していきました。 奈良時代以降はさらに集落が拡大し、平安時代には武蔵国府造営のための用材供給地としても集落が形成されたそうです。

 

鎌倉時代に入ると豊富な林産資源を元に、土豪の三田氏が多摩川上流域を支配しました。その後、武蔵御嶽(むさしみたけ)神社など神社仏閣の創建再興や市場を設置したりして経済基盤の充実などに努めながら、300年に渡って独自の文化を築き上げました。 しかし、1558~1569年の永禄年間に北条氏照に滅ぼされてしまいます。 1590年にその北条氏が滅びた後は江戸幕府が開府し、青梅の大半は直轄地になります。それからは江戸市場に最も近い産地という優位性を発揮して、石灰・木材・織物などの産業が栄えていきました。

 

明治時代に入り1889年に1町6か村に統合され、1894年には立川と青梅の間に鉄道が開通します。1951年には青梅町、霞村、調布村が合併して青梅市が誕生。さらに1955年に隣接する4つの村が編入され、現在の形となりました。

 

現在は残念ながら林業や織物業は衰退していますが、工業団地造成によって企業誘致や御岳渓谷(みたけけいこく)、塩船観音寺などといった観光資源の活用による新たなまち作りが進行しています。 また、1996年に圏央道の青梅インターが開通し、西多摩の中核都市としての役割と将来性に期待が高まりつつあります。

歴史上の人物が関わっていた? 「青梅」という地名の由来

そもそもこの「青梅」という地名が付いた由来は何なのでしょうか。色々な説がありますが、実は歴史上の有名な人物が関わっていると言われています。 その人物はあの「平将門の乱」で有名な平将門。931~938年の承平(しょうへい)年間にこの地を訪れた平将門が、馬の鞭として使っていた梅の枝を地面に挿して「願いが叶うのなら栄え、叶わないのなら枯れよ」という願掛けをしました。すると梅の枝は見事に根付きますが、なぜか梅の木の実は熟さず青いままだったそうです。そこでこの地域を「青梅」と呼ぶようになったそうです。

あくまでもこれは一説ですが、青梅市の金剛寺には「将門誓いの梅」と呼ばれる梅の老木が今も残っており、青い実を見ることができるそうです。 ちなみに青梅市では、市の花は「うめ」と制定されています。

飛躍発展の象徴である青梅の市章

青梅市の市章は市の飛躍発展の象徴として昭和26年10月1日に制定されました。 青梅市の市章には、梅を模した花の中に「青」という漢字を、飛ぶ鳥に図案化したものが入っています。大空を悠々と飛び回る鳥の躍動感が感じられるデザインです。

 

地名の由来に平将門が関係していたことを知らなかった人も少なくないかと思います。こういった地域にまつわる様々な事象を知ることで、またひと味違う青梅観光が楽しめそうですね。

Copyright(c) 青梅市/河辺/小作/青梅線の新築一戸建て・中古マンション・土地・売地・不動産売却|大京ホーム株式会社 All Rights Reserved.